• パラグライダーの楽しさとリスク

    楽しさとリスクと性能を理解する

    足が宙に浮くという感覚を言葉で伝える事は難しいのですが、とても気持ちがいいものです。 パラグライダーに乗りながら見える世界は、まさに別世界で、鳥と一緒の目船なのです。 綺麗な景色の中を飛んでみたり、住みなれた街を飛んだり出来るのです。夕日の中、光海の中、 真っ白な雪をみる事ができ、それは、とても綺麗なものなのです。

    自分一人で静かにフライトしている際は、今までに経験した事がない気持ちになるでしょう。
    そして、こんな素敵なパラグライダーは、女性であっても子供であっても、高齢者であっても、 体重が重たい人でも、パラグライダーを行うには、何の問題がありません。誰でも挑戦できる、 シンプルなスポーツとなっているということですね。


    パラグライダーアイコン 最近は、定年をきっかけにパラグライダーを始める人が沢山居ます。基本的に生活に 問題ない程度の体力であるなら、問題はないです。更に、特別な運動能力も必要ないのです。 手助けさえあれば、車椅子の人でも、挑戦できるスポーツとなっているのです。ですが、 飛ぶからには落ちる危険性がゼロとは言えないことを覚えておいて下さい。

    パラグライダー
メインコンテンツ

基礎を知って安全なフライトを



そのようなリスクはどのスポーツにおいても同様でしょう。泳げばおぼれてしまう可能性も ありますし、滑れば衝突する危険性もありますよね。大切になるのは、危険なフライトを 行わないこと。現在パラグライダーの性能は向上しているので、よほどの事がなければ、 上手にフライト出来るでしょう。パラグライダーで事故を起こす人が無能なフライトをしています。 教えてもらったとおりに飛べば大丈夫です。


ここまでご覧になられた人は、どうせなら、
楽しく怪我や転落事故を起こさずに、フライトしたいと誰もが思っていることだと思います。
ただ、例えばパラグライダーに必要な基本的な
高度や、風などの 動きを何も知らなければ、このような怪我や転落事故起こしてしまうのです。
様々なスポーツにおいても、基礎的な事は大切になるように、パラグライダーも同様に、 このような基礎的な事が大切になるのです。実際に、事故を起こす人は、無能な フライトをしている人が多くいると、先に述べましたが本当にそうなのです。 実際空を飛ぶというのは、とてもリスクが大きい事なのです。パラグライダーで 楽しくフライトしたいのであれば、きちんと覚えておきましょう。 楽しいものではありますが、命のリスクがゼロではないこともしっかり知る必要があります。 いくら安全になってきているとはいえ、亡くなる方も必ずいるのです。