• ツリーライディングで使用する道具と用途を知ろう

    もしも、ツリーライディングをしてしまった際の脱出に使用する道具について紹介します。 最初に大切になるのが、ロープです。高い木の上から降下する際に必要になります。 長さは長い方がよいですが、其の分値段が高くなるので、必要な長さを購入します。 例えば周りに安高い木ばなりのエリアで飛ぶ人は長めにするといった選び方があります。 目安として、ダブルにし使用する事もあるので、20m以上は必要になるでしょう。


    パラグライダーアイコン ロープの直径は少なくても7mm以上は必要で、細すぎは強度の問題が出てくるので、 後述するエイト環使用時の操作性に悪影響となるのです。次にシュリンゲですが、 これは25mm程度の丈夫なナイロンテープを、直径50から100cm程度の輪っかにした物なのですが、 これを木に巻いて、ハーネスのガラビナに接続し、体の確保に使用したり、 木を上る際の足場などで使用します。

    そして、エイト環ですが、文字通り8の字型をした金具で、環の中にロープを何十かに 巻き通してロープを滑らせながら、降下するための道具です。次に、ガラビナはエイト環を ハーネスに接続する際に使用したり、木に巻いたシュリンゲに接続したりするので、 何個か持っておきしょう。つぎに鋸ですが、木に絡みついた機体やラインが取れない際に、 枝ごと切り落とす際に使用します。ですが、考え無しに木を切る事はダメなので、あくまで最終手段となっています。


    更に、 ホイッスルは自分の位置を知らせるためにとても大切になります。
    そして発見されるのが遅れ、 夜になってしまった際も考え、懐中電灯も必要になるかもしれません。これだけあれば、 ツリーライディングの際には、安心出来るでしょう。これでも心配な人は、様々な商品があるので、 必要な物を購入しましょう。

    パラグライダー
メインコンテンツ

必要不可欠なツリーランティング道具



上級者と一緒にパラグライダーを行っていても、木の上に落ちてしまう可能性があります。
それは、自分が初心者であることが理由かもしれないし、風を読み間違えていたのかもしれません。 そのような理由は後々考えるとして、そういった場合の対処法をよく考えて おかなければなりません。
パラグライダーに出発する際には、必要最低限の道具ではなく、 もし万が一の事も考えた道具を、もっていく事が大切になります。


なので、ツリーライディング してしまった際の事を考えて、実際にとても多くの道具を持ってきている人も多いのです。 初級者のうちは、このような際の必要な道具が分からないと思うので、上級者に聞いたりして 、ツリーランディングに必要な道具を購入しましょう。


パラグライダーのツリーライディング