• ヘッドセットは欠かせないもの

    パラグライダーで使用する、ヘッドセットは、ヘルメットに穴を開けるといった加工を行い 取り付けるタイプと、穴を開けなくても取り付けれるものがあります。
    ですが、 このヘッドセットは、商品によって内部に内臓しなければ、向かい風などで自分の声が 届かないこともあります。ですが、ノイズがないマイクを使用している事もあるので、 フライト中の向かい風で会話が途切れる事がない商品もあるのです。


    パラグライダーアイコン このヘッドセットは、フライト中の無線の指示をきちんと聞けるようにしなければなりません。
    万が一、フライト中にヘッドセットを持ち合わせていない時には、 無線の指示が聞こえないでしょう。安全を確保する上で、とても大切なアイテムとなっているのです。 このヘッドセットは最初にマイクの位置を決めます。ヘルメットをかぶり口元から 2mmから5mm程度の位置に設定します。

    次に、ファスナーを貼ります。本体のファスナーをヘルメットに貼り付ける工程を行います。 粘着が弱くなる事があるので、ヘルメット接着面の汚れをきちんと取り除くことが大切になります。 その次にホルダーの取り付けを行います。内装にスピーカを取り付けたのちに本体をつければ、 完成します。そして、スイッチの方法ですが、指に巻きつけたり、ポールに巻きつけたりして、 使用します。

    パラグライダーのヘッドセット
    パラグライダー
メインコンテンツ

マジックテープの使用



この際に、注意するのは、マジックテープを使用する際は、指で軽くなじませる事を 忘れないで下さい。
マジックテープを貼り付ける際には、位置を決めましょう。
スピーカジャックを差し込まずに雨天時にフライトすると雨水がボルダー内に入ってしまうので、
故障の原因になってしまうのでこのような事を注意しなければなりません。


多少、手間がかかるヘッドセットの取りつけですが、このヘッドセットがなければ命の 危険が生じてしまうケースもあるのです。例えば、高度が高い位置にいて、向かい風、 上昇気流、下隆起流などがとても強い場所に進入しないための指示などを、無線で 通知している事もあります。そういった指示が聞こえなければ、万が一の事があるのです。 なので、そのような危険を避けるためには、いやがおうでもヘッドセットを 着用しなければならないのです。ヘッドセットは、案外寿命が長い物となっているので、 すぐ取り替える必要がない事は、利点となるでしょう。自分の好みの物を購入し、取り付けましょう。


パラグライダーのヘッドセット