• GPS

    GPSで様々なこを知る

    フライトで使用するGPSは、簡単に言えば、カーナビと同様の性能があると、考えていいでしょう。
    フライト中の、現在位置を提示してくれます。ですが、座標となっているので注意が必要です。 任意のポイントをGPSに記録させて、そのポイントまでの距離、必要な滑空比といったものを、 リアルタイムで随時提示してくれるアプリとなっています。パラグライダーとは、どのようなスポーツなのでしょうか。

    パラグライダーアイコン そして、そのような移動速度が分かることから、風の強さ、風向きといったものも、 大体把握できるものとなっています。人の感覚では、明確にする事が出来ない部分を、 助けてくれるとても重宝する計器となっています。パラグライダーの性能が、 とても上がってきた今、
    パラグライダーのフライトには、とても欠かせない計器となっています。 安全上最も必要になる計器かもしれません。

    最近では、バリオメーターとGPSが1つの計器で分かるものが、商品化されているので、 正しい風向きと風の速度、上昇気流といった位置が把握できるようになったものが出ているので、 とても便利で安全なものとなっています。不あり途中の空域の風向きと風の速度が分かり、 進行方向も分かるので、GPS無しではフライトを行えないでしょう。

    パラグライダー
メインコンテンツ

GPSの進化と活用法



パラグライダーは、飛行速度が案外ゆったりしているので、風はとても致命的な飛行機に なっているので、バイオはなくても良いかもしれませんが、安全を考えるのであれば、 GPSは必需品となるでしょう。更に、1つの楽しみとして、GPSに記録したフライトデータを パソコンで管理する事も可能となっていて、グーグルアースなどを利用して、フライトデータを ダウンロードする事も可能となっています。


もしも、あなたがパソコンを持っているのであれば、先に述べた方法でデータをダウンロードし、 グラフにしたり、日記などにつけたり、ブログに書く題材として使用する事が出来るでしょう。
GPSはここまで進化したのですね。


パラグライダーを行わない人は、大体がGPSは携帯や 警察が使用する物だと、思っていると思いますが、パラグライダーは風と自然との闘いなので、 そういったフライトを行っている人たちには、このような機材が必要になるのです。


もしかしたら、バリオメーターとGPSが1つになっているものを使用すれば、 その日の風の様子を、日々つけていく事も可能となっているのかもしれませんね。 GPSのおかげで助かったという例もたくさんあります。